Donau-Auen National Parkでジョギング

ジョギングをしにDonau-Auen National Parkに行ってきました。だいたい空港の対岸あたりの川べり一帯、広大な自然そのまま残されています。あちこちに入口が点在しているのですが、私はOrthというところから入って行きました。こちらは入り口にある博物館です。

IMG_4162.JPG

“Donau-Auen National Parkでジョギング” の続きを読む

広告

するする滑り台

 

するすると滑り台を滑り降りるように、陽が短くなっています。

日中の長さ(日の出から日没)がどのくらい季節で変化してきたのか、ずっとプロットしてみたいと思っていました。気分転換に週ごとの変化をプロットしてみました。Gnuplotって軸を日時フォーマットにもできるんですね。

こちらは、2019年の1月1日から12月31日までの変化です。

daytime.jpg

“するする滑り台” の続きを読む

狭い圧い怖い

狭い。

道幅が狭い。

高速道路を走っていて、どうも変だな。自分が左ハンドルに慣れていなくて車線のどこを走っているのかわからないのかな?と思っていたのですが、やっぱり車線が狭い!絶対狭い!と徐々に確信に変わってきました。

img_3863.jpg

“狭い圧い怖い” の続きを読む

水源地に行ってきた

(自動投稿)

もう数週間前になりますが、ウィーンから南に車で1時間20分ほどの場所に集中的にトレッキングルートがいくつもあり、それぞれの登山口の様子(駐車場の大きさや場所)を確認してまわる旅に行ってきました。ついでにちょっとだけ山歩き。

で、最後に選んだのが、以前から来てみたかった場所です。

無造作に水道の蛇口をひねって、高山の清水はいかがでしょう?ウィーンでは、これが可能です。ウィーンの上水道は、シュタイヤマルク州とニーダーエステライヒ州にまたがるアルプス地方の湧き水で、ここから36時間後ウィーンに到着、ポンプなど使うことなく、但し厳重な水質検査を経て、首都に美味しい飲料水を提供しています。ここにも、世界で最も住み心地の良い都市とされるウィーンの快適さが示されています!

ガイドブックなどにもよく書かれていますが、ウィーンの水道水は南部の山から2系統のパイプラインで届けられている素晴らしいものです。実際、私もそのまま飲んでいます。

その水源になっているのが、

Drinking Water for Vienna

The spring water originates in the Lower Austrian Limestone Alps. The spring zone of the 1st Mountain Spring extends across the Schneeberg, Rax and Schneealpe mountains, while that of the 2nd Mountain Spring water main comprises the Hochschwabmassif. The protection zones designated for water resource conservation encompass an area of approx. 700 square kilometres.

です。その水源地の一つで有名な場所がRax。かなり観光地化されていて行きやすそうだしロープウェイで一気に標高をあげることもできます。初心者の一歩目として最適そう!

ガソリン満タン。一路、南を目指します。

駐車場のすぐそばの橋から下を覗くと、水が・・・水が・・・水が・・・めっちゃ綺麗!!!!

IMG_3769.JPG

“水源地に行ってきた” の続きを読む

ウィーンで車を買う

山に行きたい。

ただ、山に行きたい。

森の中をのんびりと歩き回りたい。

地形図や登山ルートの本を買っていろいろ調べるも、電車とバスで行けるところもあるのですが、行きたいなーと思うところが、電車で4時間+バスが午前と午後に数本しかなかったりと結構不便です。これは日本でも事情は同じです。

IMG_4060.jpg

レンタカーという選択肢もあります。しかしここはドイツ語圏。カーナビが付いていたとしてもドイツ語だろうし、何よりもマニュアル車がまだまだ勢力を保っています。私の日本の免許は、オートマ限定。レンタカーのサイトを見ても、オートマを選択した途端、高級BMWやメルセデスになってしまいます。そして高い。

“ウィーンで車を買う” の続きを読む

Sturmシーズンの到来と伝道活動

 

日本の遠く南西にある国から、東南アジア人の元同僚君がやってきました。

「来週、ウィーンにいる?」

全く別の部署が関係する会議のために来るよと連絡があったのは、本人が到着するたった2日前です。彼は以前にも国の仕事でこちらに来ていたことがあって、同じ会議に参加するのだということでした。冬にしか来たことがないから夏はどんなものか知らないのだそうです。

いるよー。と返事すると、日曜日の早朝の便で到着すると言います。じゃあ、ランチでも食べようぜ!と、落ち合ったのが先週の日曜日。11時には一度ホテルに行って荷物預けてくるからとのことでしたが、ウィーンは空港も小さいし街も近いし、たぶん9時くらいには連絡あるだろうなぁ・・・と思ったら予想通りでした。Praterstern駅で待ち合わせです。でも、ランチを食べに行くにはどう考えても早過ぎます。とりあえず時間稼ぎに目の前にある観覧車に乗せてみました。

 

“Sturmシーズンの到来と伝道活動” の続きを読む

1年が経過したようです。

 

ここへ来て、1年が経過したようです。この1年、本当にいろんなことがありました・・・。いろんな発見があったり遊んだり飲んだり食べたり悩んだり泣いたり笑ったり・・・って、私がそんなしおらしいことを書くと思います?

いいえ、今の私の興味は「扉」です。

“1年が経過したようです。” の続きを読む

「スイスで安楽死を行った日本人女性」に密着したNHKスペシャル 彼女は安楽死を選んだ

6月の初め、「スイスで安楽死を行った日本人女性」に密着したNHKスペシャルが放送されました。日本では許可されていない安楽死(医師が薬物によって医療処置として命を絶つ)を、多系統萎縮症という難病の女性が厳しい条件を満たす場合において安楽死を認めているスイスに渡航して安楽死を行うのに密着した番組でした。薬物を点滴に投与されてから、本当に亡くなるまでが放送されるというものでした。あの番組を見てから、書いては消して、書いては保存して、3ヶ月近くが経ってしまいました。

“「スイスで安楽死を行った日本人女性」に密着したNHKスペシャル 彼女は安楽死を選んだ” の続きを読む

そこはかとない傾き

いつも撮った写真がどこはかとなく傾いているのは、自分が傾いているからでしょうか。

IMG_2593.JPG

写真をイベントごとにフォルダに分けて保管していますが、1フォルダに2枚くらいはうっすら傾いている写真があります。まっすぐに撮ろうと気をつけていても、たとえ水平線が見えていたとしても、そもそも私の目が傾いているようです。

DSC06238

DSC02256

DSC06698.JPG

IMG_2260

IMG_2134

万里の長城で撮った超絶傾き写真が面白いんですが、モデルさんに許可を得られていないので公開できないのが残念です。

 

 

自転車操業中

ブログの更新がないのは元気な証です。忘れているわけでも書きたいことがないわけでもなく、他の書き物中。それから長編ブログ記事が3つも書き溜まっています。今、もう1つ忘れている書き物の期限が同時にやってくることに気づきました。百戦錬磨の研究者の方が「Proceedings、出したことない。」とおっしゃっているのを聞いて笑っちゃいましたが、私はまだまだ端くれ、出さないことには意味がない。論文を書かないことには先に進まない。何か面白い図の表現方法がないか考えたりしてると丸一日が経過しています。自転車操業every day。

IMG_1986.JPG

IMG_1988.JPG

IMG_1991.jpg

そんなわけで元気です。来週のウィーンはずっと30度超えの予報です。

temerature.jpg

ボールペンを求めて三千里

ボールペン。それはペン先にボール状の鉄球が埋め込まれその回転によりインクを染み出させて文字を書く道具。英語ではBallpoint pen、ドイツ語ではKugelschreiber。

たった1つの私の欲しいボールペン。ノックの音、ボールの隙間から漏れ出る絶妙な量のインク、そして一切の摩擦を感じないようなそのなめらかな書き心地、正確に0.7mmの奇跡、持ち心地、全てがパーフェクトなあのボールペン。もうあのボールペンでなければ文字を書けない体になってしまったのです。日本ならどこぞの工業大学の生協で、そのあたりの文具店で、コンビニですら手に入るかもしれないボールペン。スウェーデン王立工科大学のCOOPにすらあったボールペン。パリの東急ハンズみたいなお店にもあったボールペン。ところが、ウィーンではあちこちの文具店に入ってはペンコーナーを探すも、見つかりません。

“ボールペンを求めて三千里” の続きを読む

交通標識に見る遊び心の違い

自転車に乗りながら交通標識に慣れるようにしてきました。自転車も右側通行の車道を走るので、慣れるかなぁと。自転車なので、わからない言葉はその場で止まってドイツ語辞書を検索。オーストリアの交通標識の一覧はこちらにありますが、他に交通ルールの情報としては、

Driving Regulation in Austria

Austria by Road

などを参考にしました。優先道路の標識以外は、日本と大体同じような感じで赤い△はWarning、赤い○はProfibitory、その他はお知らせ。

直進のみ。

IMG_1897.JPG

“交通標識に見る遊び心の違い” の続きを読む

Carnuntum遺跡に行ってきた!

夏い暑のウィーンです。古代ローママニアさんがいらっしゃるとのご連絡。しかも、ナントカ遺跡に行くとのこと。なんか面白そう。くっついていく許可を頂いて、お休みを取ってご一緒させてもらってきました!

前日の飲み会からの、朝Hauptbahnhofから電車を乗りつぎ1時間ほど。古い車両。空調なし。風が気持ち良いです。のどかな風景。気温34度。

IMG_2884.JPG

駅を降りててくてくと歩いて行きますと、カルヌントゥム(Carnuntum)遺跡の入り口となるミュージアムです。

IMG_2889.JPG

“Carnuntum遺跡に行ってきた!” の続きを読む

ヴィルギル礼拝堂 Virgilkapelle

Stephansplatzで地下鉄から地上に上がって行く途中に、謎の空間があります。ずっと前から気になっていました。調べてみるとそこは、シュテファン大聖堂の脇の広場の地下に位置していて、地下にある礼拝堂のようでした。地下の礼拝堂ってなんか怖い・・・数百年を経た呪いにかかったり、当時の最近を吸い込んだことで壁をすり抜けられる特殊能力を得てしまうかもしれない・・・と、ずっと1人で行くのを躊躇していました。

そこに現れた古代ローマ&ローマ遺跡マニアさん!この人ならシュテファン大聖堂に連れて行くよりもこっちの方が気に入ってもらえるかも!と思い、お誘いしてみました。

IMG_6132
人が立ってるのは同じ場所

 

“ヴィルギル礼拝堂 Virgilkapelle” の続きを読む

Paris観光記録

パリに行って雨樋ラウンドアバウトを見ていたわけではなく、ちゃんと観光&ショッピングもしてきましたので、今回はその雑多な記録を。雑多とはなにごと!むしろそれが主題のはずだろう!というご指摘は置いといて。

今回のパリ、サッカーゲームでのナイジェリアの勝ち上がりの度に街中は大騒ぎになり、クラクションの嵐、ほぼ暴動レベルだったようでして、朝になると燃え落ちたバイクや焼け跡があちこちに。

“Paris観光記録” の続きを読む

白ワイン with 梅干

先日、冷蔵庫を開いた時に、冷えた白ワインと梅干が同時に目に入りました。何となく、混ぜたら美味しそうな気がしませんか。酸味が効いた白ワインだってあるし、焼酎のお湯割には梅干入れるし、プラムのコンポートの残りをワインに入れて飲んだら美味しかったし、ちょっと酸っぱいような塩味がするようなローズヒップティーみたいになると予測します。

IMG_2596.JPG

昨晩、やってやりました。 “白ワイン with 梅干” の続きを読む

第二凱旋門

建築士の友人が居ます。冗談と知性と毒の塊みたいなオッサンなのですが、スキーはめちゃくちゃ上手い。でもスピードでは私も負けない。振り払おうとするのを慣れないスキーでぴったりついて行ったら「なんでついて来れるんや!」とキレられました。

そんな友人が、

「パリにはな、第二凱旋門があるねんで。凱旋門から見えるねん。ほんまやて!」

オッサン、またホンマか嘘かわからんこと言うてるわ〜と思っていました。

IMG_2131

凱旋門の近くまで行ってみると、上に登ったり、空洞の中を歩いたりしている人がいることに気づきました。凱旋門の周りはラウンドアバウトになっていて横断歩道などはありませんが、どうやら地下道を通っていけるようです。 “第二凱旋門” の続きを読む

4度目の独立記念日

今回のパリ訪問、パリ祭と呼ばれる独立記念日とやらのお祭り(単に14 Juilletと呼ばれる)に重なりました。去年、どこぞのアメリカ大統領が見て感銘を受けて今年ワシントンで真似したというやつです。おかげで街中に警官with機関銃。装甲車。あまり治安の悪い場所を訪れなかったせいもあってか、そんなに治安の悪さを感じないままに過ごすことができました。

IMG_2171.JPG

未だ数多くない海外旅行経験ですが、何気なく訪れた日が独立記念日とか建国記念日というパターンは、これで4度目です。 “4度目の独立記念日” の続きを読む

エッフェル塔の御利益

7月に入って、1ヶ月ほどの夏期休暇を取る人が多く、やはりヨーロッパなんだなぁと実感しています。私の方は、有給を使って会議に行ったり帰国したりで、まだそんなにまとめて使える有給がありません。使い切ってしまうと、日本で身内の不幸とかで帰国するようなことがあると不安ですし。って、そんな親しい身内、いましたっけ。それはともかく、そんな事情で、金曜日だけ休んで週末旅行に行ってきました。行き先は、華の都!おフランス!おパリです!

雨のウィーンを出発して到着したパリは晴れでした。気温はあまり違いはありません。

“エッフェル塔の御利益” の続きを読む